求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活

聖者なんぞに憧れて…大都会をドロップアウト。"悟り" を夢見る人に贈る、田舎暮らしの精進日記

こだわりの食生活

​​​

 

f:id:gudosha:20200613095810j:image
​​

  • ​​子供の頃の自由な食生活

​​

​​小学校に上がる前には両親は離婚して、

​​父親に育てられた私は子供の頃から

​​好きなものばかり食べてきた。
​​

​​

​​8つ上の姉は手料理を振る舞ってくれる

​​こともあったが、

毎日というわけにはいかなかった

ようで、

私は弁当屋へ​​自転車で行ったり、

父がスーパーで何か​​買って帰ってきて

くれたり、

自宅から目と鼻の​​先にある商店の

おばちゃんが​​賞味期限間近の

弁当やおにぎり、パンを​​しょっちゅう

くれた。
​​

 

f:id:gudosha:20200613095818j:image

 

​​

​​愛情深い父は私達兄弟を自由に育てて

​​くれた。

 


​​欲しい物はなんでも買ってくれたし、

​​行きたいとこはどこへでも行かせて

​​くれた。

 


​​毎週末になると朝マックの袋を両手に下げて

​​帰ってきて、開けっ放しの玄関から元気に

​​入ってきて大声で、

​​「たったらららら…たったらららら…」

​​と言いながら帰ってきたかと思うと、

テーブル​​の上に "ドーン" と朝マックの袋を

置き、​​兄と一緒になって嬉々として群がった

ことを​​覚えている。
​​

​​

f:id:gudosha:20200613100349j:image

 

 

​​マックは吉野家の牛丼になったり、

​​兄が好きなとうもろこしも大量に茹でて

​​置いといてくれた。

 


​​月に1〜2度は外食に連れて行ってくれ、

​​お寿司が好きと言えばお寿司屋さんに

​​ばかり行き、

ファミレスにもしょっちゅう

​​連れて行ってくれた。
​​

​​

​​私は嫌いな食べ物は特にないが、

好んで​​野菜を食べるような子供では

なかった。
​​

 

​​お肉とお菓子が大好きで甘い物には特に

​​目がなかった。

​​栄養のことについて考えたことは恐らく

​​一度もなく、学校給食も大好きだった。
​​

​​

f:id:gudosha:20200613100624j:image

 

​​

​​子供の頃は全く集中力がなかったのだが、

​​食生活も多少は影響していたのだろうか。

​​とはいえお腹を空かせたことはなかった

​​だろうからむしろ極端に偏った栄養過多

​​気味であったかもしれない。
​​

​​

 

​​・マクロビ初体験
​​

f:id:gudosha:20200613100800j:image

 

​​初めて食事に気を使うようになったのは

​​26歳で瞑想の為に訪れた京都である。

 


​​10日間の合宿コースで行われた

瞑想センターでは、​​マクロビオティック

のビーガンに近い食事であったから、

肉魚のない食事でも​​バリエーションに

富んだ食事が出来る​​ということが新鮮に

思えた。
​​

​​

​​瞑想センターの後すぐに京都出身の女の子

​​と付き合うようになり、それから京都に

住むようになり、

彼女がマクロビオ​​ティックに詳しかった

ことからそれからマクロビ​​一色に染まる

ようになった。
​​

​​

​​ビーガンを始めて気づいた大きな変化は

​​暴力的でなくなったことだ。

​​人と言い争うような意見を持たなくなり、

​​服装もそれまでの派手なものから

​​アースカラーを好んだ大人しめのもの

​​になり、ほとんど外食をしなくなった。
​​

​​

f:id:gudosha:20200613101452j:image

 

 

​​しかし未熟な精神探求者のそれはどこか

​​陰湿的なとこがあり、農薬や添加物、

​​保存料や砂糖などに対して嫌悪感を抱く

​​ようになっていた。
​​

​​

​​特にそういった食事を始めたばかりの

​​人はこだわり過ぎることが多いのでは

​​ないだろうか。
​​

​​

​​身体にとって良いものをとっていた

​​つもりだったが、心の方は神経質にも

​​なっていた。

​​気になり出したらトコトン気になって

​​しまうのだ。
​​

​​

 

  • ​​瞑想の恩恵…味を知る

 

​​f:id:gudosha:20200613101842j:image

 

​​京都を出て生活環境の変化からマクロビ的

食​​生活には終止符が打たれた。

​​それまでの反動でもあるかのように自由

​​気ままな食生活はそれ以降40歳に

​​なるまでずっと続いていた。
​​

​​

32歳から​​東京で掃除の仕事を始めて、

2年程が​​経った頃からお金に余裕も

できてきた​​ので、外食することが

極端に増えた。
​​

​​

その頃には​​30歳から本格的に始めた

瞑想のお陰で​​集中力はかなりついていた。

​​"味の違い" が分かるようになったのは

​​その頃からだと思う。

 


​​目の前の物事に対する注意深さが、

味わう​​ことの楽しさを教えてくれた

のではなかろうか。

​​それは瞑想の恩恵だと思っている。
​​

​​

​​30代半ばにして食生活が本当に楽しく

​​なった。

​​仕事では社長としてバリバリ働いていた

​​から好きな物を好きなだけ食べた。

 


​​幸い太らない体質だったようでどんなに

​​食べても体格は変わらなかった。

​​その分動いていたと言えばそうかも

​​しれない。
​​

​​

f:id:gudosha:20200613102330j:image

 

 

​​朝はコンビニの甘いパンを食べ、

車から​​降りるのが面倒な時は

ドライブスルーで​​済ませることも多かった。

​​地元界隈の美味しいお店は片っ端から足を

​​運んだ。

とは言え高級料理店というわけではない。
​​

​​

​​結婚もして、会社の事務もしてくれていた

​​妻とは会社からの帰り道によく食事に

​​出掛けたものだ。

​​こだわりの強い妻は薄味が好みなので、

​​薄味好きを唸らせる店は本当にセンスが良い

​​のだろう、しかしそんな名店は数えるほど

​​しかなかった。
​​

​​

​​値段の高いお店にはあんまり行ったことは

​​ないが、「看板とのれんとたたずまい」

​​重要で、そこでの表現のこだわりは味に

​​出ていることが多かった。

​​もう東京に住むことはないと思うが、いつか

​​「看板はかく語りき」というブログでも

​​やってみたいと思っているのである。
​​

 

​​

​​・こだわりの自然な食生活
​​

f:id:gudosha:20200614094252j:image

 

​​40歳で過労で倒れ、それをきっかけに

​​東京での一切合切に見切りをつけ、

妻と2人、​​新潟の山奥へと引っ越してきた。

​​それから私は約半年間禅宗臨済派の門を叩き、​​

修行生活に明け暮れた。
​​

​​

​​お寺ではやっぱり精進料理がメインで

​​あったが、そのお寺の住職が

​​"全日本仏教協会会長" 職も務めたような

​​方であったから、全国各地からとにかく

御供養 ​​(贈答品) されるものが多かった。
​​

​​

​​だから必然的に肉魚を食べる機会も多く、

​​グルメな住職にあやかって食事は中々贅沢

​​であった。

​​果物を毎食食べるような食生活は初めて

​​であった。

 


​​一般人の修行希望者を受け入れているお寺で

​​あったから、そこまでルールが厳しいという

​​訳でもなかったから、お酒も解禁されて

いた。
​​

​​

​​そんなお寺での生活も残り二ヶ月となった

​​ある日、正月休みをもらって一週間ほど

新潟​​へ帰ってきたのだが、

その時は毎晩お酒を​​飲み、

高価なお肉を食べ、お菓子を食べて過ごして

​​いた。
​​

 

f:id:gudosha:20200614094716j:image

 

​​

​​しかしお寺へ帰る道中に「後二ヶ月しかない、

​​こんな堕落した気持ちじゃ悟れっこない​❗​️」

​​と一念発起し、それ以降お酒、お菓子、添加物

​​、肉、魚、砂糖、加糖 (蜂蜜など)、間食、

を一切摂らなくなった。
​​

​​

​​今ではそれから約半年が経つが、

力まずに​​そういった食生活は続いている。

​​当時マクロビに傾倒していた頃のような

​​陰湿的な気持ちはなく、肉も魚もあれば

​​食べるし、食べる機会ならば食べる。

​​しかし好んで買うようようなことはなく

​​なった。
​​

​​

​​新潟へ来たばかりの頃は毎晩ビールなり

​​日本酒を飲んでいたが、なんだか興味が

なくなって​​しまった。

​​かといって飲まないと決めている訳でも

​​なく、友達と会えば付き合いで飲むことも

あるだろう。
​​

 

  • 最強サプリメント

 

f:id:gudosha:20200614095303j:image

​​

​​もう5〜6年くらい前からだろうか、

唯一​​続いているサプリメントが

​​「ヘンプパウダー」という麻の実の粉末

​​である。

​​これは植物史上最強の栄養価を誇り、

​​その生命力の強さから農薬を使わずとも

​​雑草ばりの勢いでどこにでも群生し、

​​それゆえに安価という最高の代物である。

 

 

有機 ヘンプパウダー 麻の実 180g

有機 ヘンプパウダー 麻の実 180g

  • メディア: 食品&飲料
 

 

 
​​

​​

 

​​これを飲み出してからというもの、

妻は​​月一女子特有の「眠い、怠い、頭痛、

イラつく、集中出来ない、お菓子を欲する」

という貧血の症状が全くなくなり、

家庭内には平和が訪れたのである。
​​

​​

​​現在の食生活は基本的に自然栽培

(無農薬、無肥料)で育てられた​​野菜やお米、

無添加の調味料など、マニアの​​手によって

作られたこだわりの食材を​​買うように

している。

​​自然栽培の玄米から取れた糠をを利用して

糠床も育てている。
​​

​​

​​そういった食生活が心と体にどのような

​​影響があるのかははっきりと分からないが、

​​"美味しい" ということは確かである。
​​

​​

  • 食の変化…心の変化…行動の変化

 

f:id:gudosha:20200614100502j:image

 

​​妻に言わせると食生活の変化以降、

​​私の車の運転が目に見えて穏やかになった

​​のだという。

​​確かに言われてみれば先を急ぐような

​​こともなくなったし、走行中も後続車を

​​先に行かせるようになった。
​​

​​

​​お寺から帰ってきてからは以前より断捨離も

​​捗ったから部屋もタンスも心もスッキリ

​​したのだ。
​​

​​​​

​​最近では自然栽培で造られた玄米麹

​​を取り寄せて、これまた自然栽培の玄米で

​​甘酒を作っている。

​​先日は麹菌造りにもチャレンジしてみたが、

​​ギリギリ成功というものであった。
​​

​​

​​納豆や甘酒、ぬか漬け造りなど、働き盛りの

​​一般的な中年男性のする事とは到底思えない

​​が、こだわりを持って生活する事が楽しい

​​のである。
​​

 

f:id:gudosha:20200614100653j:image

 

​​

​​"琴線に触れた物事を選ぶ" という

こだわりは、​​食生活の改善によって

その他の欲望が​​大人しくなってきて磨きが

かかったように​​思える。
​​

​​

​​都会に比べ極端に刺激の少ない田舎暮らしに

​​あって、身の回りの物事に対するこだわりは

​​強くなったのかもしれない。
​​

​​

​​欲望が減ったというよりは欲望の質が

変わったの​​かもしれない。

 


​​それにしても昔から毎日の食事は楽しみで

​​ある。

​​良質少量を選択するようになってから

​​こだわりはさらに強くなったように

​​思える。

​​食生活の変化が日常生活にどう影響を

​​与えるのか、日々の徒然をブログで

​​発信していく中で、皆さんにもその気づき

​​を共有できたらと思うのである。
​​

​​

​​f:id:gudosha:20200614101113j:image

​​

​​

​​