求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活

聖者なんぞに憧れて…大都会をドロップアウト。"悟り" を夢見る人に贈る、田舎暮らしの精進日記

回復ポーズで充電を

f:id:gudosha:20200414223323j:image

 

お寺に居た頃の後半は、自由時間を有意義に使う

べく、睡眠時間を削ろうと思い5時間睡眠に

拘っていた。

 


睡眠に効果のあるというサプリを飲み、

アラームをセットして眠い目を擦って起きた朝は

大体目が充血していた。

 

 

 

昨日と一昨日の夜は23時に寝たのだが、

翌朝4時には自然と目が覚めた。

 


お寺での作務のように肉体労働をしている

わけではないので当時ほど疲労が溜まって

いないのかもしれないが、とは言え自宅でも

todoリストの項目をこなすべく家事に作家業に

日々の営みと、何かしらは必ずしているので

疲れてないとは思えない。

 


特に携帯電話を見る時間は極端に増えたから、

電磁波対策が整ってないうちはなるべく手に

持たないようにして操作するようにはしているのだ

が、それにしても目から入ってくる影響のほどは

大なり小なり確実にあるだろう。

 


液晶画面を2〜3時間も見続けていたら目頭が

"ギュー" としてくるのである。

 

 

これがパソコンだったらもっとしんどいのだろう

と察する。

 

 

f:id:gudosha:20200414224158j:image

 

 

そんな時は立ち上がって回復ポーズで呼吸を1〜2分

整えてから窓の外に出て大自然の空気と景色を

体内に取り込む。

 


自然と表情はニンマリと笑顔になり、

無心でそのまま自然の息吹きを享受する。

 


回復ポーズとは、まずは肩幅に立ち腰を前に入れ、背筋を伸ばす。

 

胸を張るのではなく丹田をしっかりと前に出す

イメージで立ち、両手を一旦外に広げて胸を

前に出す。

 


顎を引いてつむじで天を突き、肩を開いたまま

両手の平の指を丹田の前あたりで合わせる。

 


この姿勢で口からハーッと腹を凹ませながら

強く長く息を吐ききり、

吐き切ったら口を閉じて自然に勢いよく空気が

入ってくるのに任せ、

腹と胸一杯に吸い込んで十分溜まったら息を止め、

苦しくなる少し前まで空気を循環させる。

 


目を閉じてこれを数回繰り返していると

両手の指先がピリピリとしてきて瞼の裏の景色が

変わってきて鮮明になる。

 


両手の指は電極の役割を果たしており、

右手の親指がニュートラル、

人差し指から➕中指➖薬指➕小指➖。

 


左手の親指がニュートラル、

人差し指から➖中指➕薬指➖小指➕

となっていて、両手を合わせることで全身を電流が

流れ出すのである。

 


両足で立って地球に真っ直ぐ繋がるのも重要で、

試しに正座して行ってみると指先のピリピリとした

感覚は感じないので、やはり立っていた方が電気が

流れやすいようである。

 

 

そうして自然の空気を感じていると、

「やっぱり私は根が田舎もんなんだな」と思い知ら

される。

 

 

もはや日課となった日々の営みである。

 

 

f:id:gudosha:20200414224314j:image

 

 

#快眠サプリグリシン

#回復ポーズ#ギュー#お寺

#ど田舎#田舎暮らし#短時間睡眠