求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活

聖者なんぞに憧れて…大都会をドロップアウト。"悟り" を夢見る人に贈る、田舎暮らしの精進日記

神様電話相談室

 

f:id:gudosha:20200511211757j:image

 

 

今日は午前中分厚い雲が覆っていたが、

昼前からよく晴れて暑い日差しの一日となった。

 

 

妻が図書館に行きたいというので昼から街まで

出かけて行った。

 

 

昨日「神様電話相談☎️」をした神原さんから

私の耳鳴りの原因を教えてくれる為の折返しの

電話がなかったからよかった。

 

 

f:id:gudosha:20200511211851j:image

 

 

神原さんは一日中電話相談をしているらしく

とても忙しいだろうに、いつも親身になって

話を聞いてくれて、話しのくだりには必ず

「後は何か聞きたい事はございますか」と優しく

尋ねてくれる。

 

 

産土神社を教えてもらった時もそうであったが、

神様に確認したらちゃんと電話してきてくれる

のだ。

 

 

昨日は瞑想中に耳鳴りがしたからその原因を

教えてもらうべく電話したのだが、瞑想中の耳鳴り

はこれまでも何度かあり、耳鳴りがした時の正しい

対処法は、音が聞こえたらしばらく間を置いて

「…どなた様か来られていますでしょうか…」

 「…来られてませんでしょうか…」と念じるだけで

いいらしい。

 

 

初めのうちはこちらにコミュニケーションを取る

能力が無いからそれでいいのだという。

 

 

f:id:gudosha:20200511212707j:image

 

 

これまで私は様々な瞑想法を行ってきた。

瞑想を初めて知ったきっかけは24歳の頃に住んで

いた沖縄県宮古島🏝の古本屋で手に取った

「仙人瞑想法」という道教の悟りへのプロセスを

書いた本に出会ったことで、その本の冒頭には

こんな事が書かれていた…。

 

 

「まず目をつむってみてほしい…そこは暗闇では

ない筈だ。道教の修行者はそのまぶたの裏にある

世界に意識を集中してそこをきっかけにして入って

いくのである…🧘‍♂️🧘‍♂️🧘‍♂️」

 

 

私はそれまでまぶたの裏を注視した事がなかった

し、起きている間中は絶えず思考習慣がのさばって

いたから集中力のかけらもなく、感覚に気づくこと

に鈍感であった。

 

 

"目を閉じても暗くない" という単純な事実に驚き、

その事に気づいたのはそれが初めてだったし、

"そこをきっかけにして入っていく" という謎に

満ちた不可解なフレーズが未知なるものへの好奇心

にワクワクしたのを今でもよく覚えている。

 

仙人瞑想法

仙人瞑想法

 

 

 

道教は仙道とも言われ、不老不死を解脱として

いる。

 

 

f:id:gudosha:20200511213807j:image

 

 

瞑想法の一つには「小周天と大周天」というものが

あり、まず小周天は丹田呼吸と同時に肛門の

締め上げ緩急によって気を練り、できた陽気を身体

の中心にある気脈7つのチャクラを通して強化し、

それは体内の気を純粋な状態にしていくという効果

があり、その作業を繰り返す。

 

 

そして大周天では三年ほどかけて体内で気を

練り上げ、その気の塊には新たなる意識が宿り、

ある日その気を外に出して自分の分身として徐々に

移動できる範囲を広げていくというから驚きで

ある。

 

ドラえもん顔負けの世界観である。

 

 

作り話にしては手の込んだ話であるし、こういった

ジャンルの本を読んだのは初めてであったから当時

はとてつもなく興奮した。

 

 

それからはヴィパッサナー瞑想を学び、臨済禅を

学んだが、そこを出るとそれらの瞑想法からは離れ

てオリジナルの瞑想をする様になっていた。🧘‍♂️

 

 

f:id:gudosha:20200511215227j:image

 

 

その事を神原さんに伝えると「瞑想は自己流でやる

のが一番危険なのよ」と言われてしまった。

ついでに「あなたのことが大体分かったわ…」

とも言われた😅

 

 

手の組み方にもそれぞれ意味があり、それによって

サポートしてくれる神様が変わるらしい。

瞑想には必ず神様のバックアップがつくのだと

いう。

 

 

特に霊感の強い人が瞑想を自己流で行なって、

集中力があれば無心になれるかもしれないが、

そうなると "もののけ" や成仏してない霊に取り憑か

れてしまうこともあるのだという😈😈😈

 

 

成仏してない霊というのは厄介で、普通は死後3年で

三次元の現世から四次元の世界へと成仏するのだ

が、成仏できないと人に取り憑いたり、行き先も

分からずに場所に留まったりして迷子になっている

のだという。

 

 

私は前回電話した時がお盆の後だったので、

丁度お盆の話になり、私のご先祖様方でまだ四次元

世界に成仏してない方々を神原さんを通して神様に

成仏できるようお願いしてもらい、

「私と一緒にお願いしたからきっと大丈夫よ😉」

と言って頂いたのだ。

 

 

その時は神原さんの言った言葉の後をなぞって私も

お祈りとお願いをした。

これは「言葉に出すことで現実化する」という創造

のプロセス、思考➡︎言葉➡︎行動なのだなと思った。

 

 

f:id:gudosha:20200511214337j:image

 

 

そのご先祖様方の中には最も古い人類である

アフリカ先住民の方々も入っていて、

「今回成仏された方々の中には強力な力を持った人

達もいるから、あなたがここ一番に大事な時は必ず

助けてくれるわよ」と言って頂いた( ̄∇ ̄✌️

 

 

中原さんはとにかく地域の氏神神社、守護霊である

産土神社、ご先祖様に対する感謝のお祈りとお墓参

りと、近所に寄った際には氏神神社と産土神社に

挨拶に行くようにと言われる🙏🙏🙏

 

 

去年の私の「誕生日知恵熱事件」にその事を聞いて

以来、私も欠かさず毎朝晩感謝のお祈りをするよう

にしている。

東京に行った際も産土神社に挨拶に行くようにして

いる。

そういう事を信じるのは元来得意なのだ( ̄∇ ̄‼︎

信じる者は救われるてか…うーむ、救われたいもの

ですなぁ…😉

 

明日にでも電話がくるといいのだが…☎️

 

 

f:id:gudosha:20200511214633j:image

 

 


⬇︎求道者は黙して嘘をつく…毎朝更新中⬇︎
https://gudosha.space

 

 

#産土神社  #氏神神社

#感謝の祈り  #アフリカ先住民

#創造プロセス  #成仏

#神様のバックアップ  #神様電話相談

#瞑想中の耳鳴り #座禅

#図書館閉館  #誕生日知恵熱事件