求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活

聖者なんぞに憧れて…大都会をドロップアウト。"悟り" を夢見る人に贈る、田舎暮らしの精進日記

友人の癌…お祈りの効能

 

f:id:gudosha:20200522222015j:image

 

 

白光真宏会

 

私がお祈りをし始めたのは保育園の頃で

あった。

今となっては仏教に興味を持っているが、

子供の頃はキリスト教系の保育園で

あったから、幼い私は訳もわからぬまま

お祈りに触れていた。

 

 

それ以降大人になってからお祈りの習慣は

特になかったが、確か34歳の頃に出会った

 "プロのお祈り専門家集団" 「白光真宏会」

という組織に入会し、それ以降お祈りを

日常的に取り入れるようになった。

 

 

「白光真宏会」とてつもなくピースフルな

組織で、世界の平和と調和と個人の幸福、

宇宙の幸福をただひたすらに祈る、

という愛に溢れたお祈りの実践行の団体である。

 

 

街の至る所に

世界人類が平和でありますように」

「may peace prevail on earth」

と書かれた白い2m程のポールが建っている

のを見かけた事はないだろうか。

 

 

お寺や教会や民家など、宗派を越えて

世界の平和を祈る方々のシンボルとして

軒先などに突き刺さっているのをよく見かける

のである。

 

 

白光真宏会 - BYAKKO - 公式ホームページ]

 

 

f:id:gudosha:20200522222347j:image

 

 

友人が癌に…

 

最近私と同年代の女性の友人が入院している

というのをFacebookで知り、

気になって注視していたのだが、

その病気が大変なもので

「進行性の卵巣ステージⅢa

先日の手術で卵巣子宮全摘出、

リンパ節切除、盲腸も取り、

腸の一部にも癒着してた為一部切除」

という手術を最近終えたばかりであった。

 

 

私にも何か出来ることはないかと考えて

みたが、健康グッズやアロマオイルや

サプリメントなどは好みや合う合わないが

あるから押しつけがましくなってしまうし、Facebookで励ます事も出来るが

毎日メッセージを送っても逆に気を使う

だろうから、やはりここは

 "プロのお祈り専門家集団" 

の一員としてお祈りをするしかないと思い、

その病気の事を知ってからというもの、

毎朝晩に行っている神棚への "感謝の祈り"

の際には、彼女の人生が良きものとなるように

とお祈りするようになった。

 

 

お祈りの実験・効能

 

お祈りの効果は科学的にも証明されつつあり、

2012年公開の "白鳥哲" 監督作品による

「祈り、サムシンググレード」

はスペイン🇪🇸、インドネシア🇮🇩、

NY、カリフォルニア🇺🇸などで

受賞歴もある秀逸な内容なので必見である。

 

 

白鳥哲監督 映画「祈り 〜サムシンググレートとの対話〜」公式サイト

 

 

お祈りなどは目の前ですぐに結果が見えるわけ

ではないから敬遠されがちであるが、

成功者や願望を叶える実力のある人は

そういった一つ一つの小さな事をコツコツと

積み重ねていくのである。

それは料理におけるプロセスと全く同じで、

手間を惜しまず一見面倒に思える地道で

ポジティブな作業を一つ一つ積み重ねて

いくのである。

 

 

"要は気ぃ使ってくださいよ" ということだ。

 

 

f:id:gudosha:20200522233430j:image

 

 

カリフォルニア大学の教授であった

ランドルフ・ビルド氏はサンフランシスコの

病院 (心臓病集中治療室) の入院患者393人に

対して10ヶ月に及ぶ祈りの実験を行った。

 

 

患者はCPUによって無作為に選ばれ、

祈られるグループは192人

祈られないグループ201人

に分け、医師、看護婦、患者に

は誰がどちらのグループに入るかは

知らされずに行われた。

 

 

祈る人々は米国内全国のカトリック、

プロテスタント、様々な宗教団体であった。

 

 

患者の名前、病名、現状を知らせたがお祈りの

仕方に特に指示はなかった。

 

1人の患者につき5〜7名が祈りをあげた。

 

 

効果の程は歴然で、

その10ヶ月の間に抗生物質の投与量は

祈られたグループは6分の1に抑えられ

肺気腫になった人の数は3分の1に抑えられ、

人口気道を使用したケースは

祈られなかったグループは12名

であったのに対して

祈りグループは0であった。

 

 

f:id:gudosha:20200522233702j:image

 

 

スピンドリフトの研究

 

10年以上に渡ってお祈りを研究している

スピンドリフトリサーチという組織の研究は

麦芽の発芽成長にフォーカスしたもので、

祈られた方の麦芽は何度実験してみても

発芽も成長もはるかに早かったのだという。

 

 

苦しい時ほど効果がある

 

試しに祈られる方の麦芽が成長しにくい

ように種に浸す水に塩を混ぜてみた所、

塩分を濃くすればする程、

つまりストレスを与えれば与える程、

祈りの効果は大きくなったのだという。

 

 

そして祈る時間を2倍にしたら

効果も2倍になり、

名前を呼んで祈ってあげた方が効果的

だったという。

 

 

指示する祈りより「お任せ」の方が効果的

 

「お任せ」するとはつまり、

「○○さんの癌が治りますように」とお祈り

するよりも、

「○○さんの人生が最良の結果と

なりますように」

と宇宙にお任せする方が効果は2倍も上がった

のだという。

 

 

という事で皆さんも是非自分のため、

家族のため、友人のため、人々のため、

動植物のため、地球のため、宇宙のために

お祈りを取り入れることをお勧めします。

 

 

それこそが自分の幸せのためにいつでも出来る

最善の行動であるのだから…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200522233551j:image

 


⬇︎求道者は黙して嘘をつく…毎朝更新中⬇︎
https://gudosha.space

 

 

#お祈り  #スピンドリフト

#白光真宏会    #キリスト教

#カトリック  #プラテスタント

#ピースポール  #卵巣子宮全摘出

#神様にお任せ #最良の結果

#カリフォルニア大学  #心臓病集中治療室