求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活

聖者なんぞに憧れて…大都会をドロップアウト。"悟り" を夢見る人に贈る、田舎暮らしの精進日記

杉樽に漬ける

 

f:id:gudosha:20200530210717j:image

 

二日目の玄米麹

 

昨日に続いて玄米麹造り二日目である。

 

 

玄米麹は炬燵に入れて保温しているのだが、

始めての炬燵保温なので

やはり温度管理が難しく、

検温の際にはすぐ40度を超えてしまい

"ピーーー" と鳴って体温計は消えてしまった

ヽ( ̄д ̄;)

 

 

しかしすでに麹臭がするからあながち失敗でも

ないのでは⁉︎ 

と期待を寄せつつ、時間を置きつつ

今日は三度混ぜ返した。

 

 

人間の体温も36〜37度だし、やはり菌系は

それくらいで良く育つのだろう🦠

雑菌を特に要注意しなければならないと

いうのでかき混ぜる際は

お手製アロマスプレーで消毒した。

 

 

炬燵を "弱" にしておくと丁度39度位になるので

こいつは都合が良い( ̄▽ ̄)

 

 

f:id:gudosha:20200530211745j:image

3度目からは手拭いで覆う

 

 

そして最後に薄く伸ばして呼吸出来るように

して、翌朝に出来ているはずである🙄

 

 

手頃な入れ物がないのでとりあえず

皿に置いてアルミホイルを軽く乗せておく。

 

 

f:id:gudosha:20200530222440j:image

 

 

杉樽登場

今日の午後には先日注文しておいた漬物樽が

届いたので早速水を張って2〜3時間に

渡って木を膨張させてから糠を仕込んだ。

妻も私も糠漬けが好物であるので、

これまでのカメでは小さすぎて足りないのだ。

 

 

 

f:id:gudosha:20200530222629j:image

 

 

 

天然杉の樽は古来より醤油、漬物、酒造、

味噌造りに使われていて食品の熟成には

最高の材質らしく、特にこの樽は呼吸し、

紫外線を通さず、外界からの温度調節も

してくれるそうで、

食品が浸かるのと同時に保存する役目も

果たすのだという👍

 

 

杉材に含まれるタンニンの働きによって

適度に味覚を良くする働きも

あるのだそうだ。

 

 

受注生産だったので発注から

二週間程掛かった。

在庫を抱えれば確かにサービスとしての

スピード感はあるが、場所もコストも

掛かるし、受注生産の方が玄人感があって

良いではないか、こだわりを感じるぜ( ̄▽ ̄)

 

 

f:id:gudosha:20200530223420j:image

 [rakuten:komeshige:10000151:detail]

 

 

お米造りの際の農薬は糠に溜まるそうなので

糠は無農薬米の糠に限る🌾

 

 

糠には栄養がたっぷりあるから以前は

サラダなどにもふりかけていたが、

どうやら酵素抑制物質なるものが

あるらしいので、

火を通すか水分に浸さなければ体内酵素が

やっつけられてしまうらしい😣

 

 

糠に塩と昆布とローリエ🌱と干し椎茸🍄

を入れてみる。

ローリエと干し椎茸はオリジナルだが、

下手なことにはならない気がするから

良いだろう😏

 

 

f:id:gudosha:20200530223816j:image

 

 

うーむ、椎茸の良い香りがするではないか。

古い糠床と混ぜたから一週間くらいは

かかるだろう。

出来上がりが楽しみである…✍️

 

 

f:id:gudosha:20200530225328j:image

 

 


⬇︎求道者は黙して嘘をつく…毎朝更新中⬇︎
https://gudosha.space

 

 

#杉樽  #糠床

#酵素抑制物質  #体内酵素

#受注生産  #タンニン

#玄米麹 #炬燵

#温度管理  #体温計

#アロマスプレー  #糠漬け