求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活

聖者なんぞに憧れて…大都会をドロップアウト。"悟り" を夢見る人に贈る、田舎暮らしの精進日記

田舎でのこだわり生活

​​​
​​f:id:gudosha:20200614172351j:image

 

  • ​​若い頃の放浪癖

 

​​沖縄県宮古島市出身の両親は上京して東京都

​​中野区に暮らしていた。

​​姉と兄の末っ子として産まれた私達が家族

​​揃って宮古島へ行ったのは私が物心ついた頃

​​のようで、その時のことは殆ど思い出せない。
​​

​​​​

​​学校行事や何かでたまにしか大自然を満喫

​​したことはなかったし、自然を気持ちいいと

​​本能的には感じていただろうが特に好き

​​という印象はなかった気がする。
​​

​​

​​むしろ田舎に行ったらTVのチャンネルが

​​少ないことに嫌悪感すら感じていた。

​​子供の頃はTVっ子であった。
​​

​​

​​恐らくTVの影響のせいで東京に対する

​​ステータスは強く持っていた気がする。

​​田舎の不便さ、店の少なさがダサいように

​​思えていた。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614172705j:image

 

​​

​​19歳までは東京の中野界隈で親元で暮らし、

​​それから大阪に半年、神戸に2年、

​​東京に1年、沖縄県宮古島に2年半、

​​豊橋に半年、長野に3ヶ月、京都に半年、

​​神戸に半年、千葉に2年、西東京に3年、

​​東東京に8年、現在は新潟に移住してきて

​​1年目になる。
​​

​​

​​

​​関西から東京の地元に戻ってきた

​​22歳の頃、代々木でコーヒーポットを

​​スタジオにデリバリーするアルバイトを

​​していた。
​​

​​

​​毎週末になるとお馬鹿な若者が東京で遊ぶ

​​程度の夜遊びを満喫し、夢もへったくれも

​​ないような青春をそれなりに謳歌していた。
​​

​​

​​ある日クラブ仲間の友達が

​​「田舎に引越して農業を始める」という

​​話しを聞いて感銘を受け、

​​「俺も田舎で生活してみたい​❗​️」と思い、

​​それから一月後には東京を離れてとりあえず

​​タイに3週間ほど貧乏旅行をして、

​​幼い頃に離婚して沖縄本島に一人暮らしを

​​していた母と一緒に両親の生まれ故郷である

​​沖縄県宮古島へと引っ越した。
​​

 

  • 宮古島での生活

​​

f:id:gudosha:20200614173243j:image

 

​​宮古島は冬の三ヶ月間はサトウキビの収穫、

​​その後三ヶ月間は葉タバコの収穫と

​​季節労働が賑わう。

​​母と一緒に農業をするつもりであったが、

​​それまで東京の夜の遊びにどっぷり

​​浸かっていた若者が閃きだけで訪れた田舎で

​​いきなり母親と農業に勤しむはずもなく、

​​季節労働の半年のバイト以外は母が頑張って

​​始めた畑の手伝いを殆どしなかった。
​​

 

 

​​しかし宮古島の自然は圧倒的であった。

​​東京での自堕落な生活環境から

​​180度方向転換してさぞかし環境の変化から

​​ストレスでも溜まるかと思いきや、

​​逆に大自然は都会のストレスを癒して

​​くれた。
​​

​​

​​宮古島には「おとーり」と呼ばれるお酒の

​​飲み方があって、簡単に言えば、親が挨拶

​​をして小さめのコップでビールか泡盛の

​​水割りを一気で飲む。

​​親がお酒を注いで一人づつ順番に同じように

​​して一気で飲んでいく。

​​一周したら親が変わって又お酒が回る。

​​その間隔は5分くらいで行われ、

​​エンドレスで続いていく、というなんとも

​​クレイジーな飲み方があり、

​​その風習は下は中学生から上は80過ぎの

​​老人まで、キャバクラの女の子も勿論の

​​こと、運動会が終わった体育館ですら

​​先生とPTAが集まって飲む。

​​そしてそこには必ず「おとーり」で飲む、

​​という鉄の掟がある常軌を逸した土地で

​​あるのだ。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614173748j:image

 

 

​​始めは慣れない「おとーり」が嫌だったが、

​​慣れてくると大好きになり、「おとーり」

​​なしでは満足出来なくなってしまった。
​​

​​

​​そしてどんな仕事をしていても

​​週に2〜3回は必ずどこかの飲み会に参加

​​していた。
​​

​​

​​お酒は人を良くも悪くも狂わせる。

​​お酒は「喜怒哀楽」の感情が爆発する。

​​お酒の力で本音丸出しの人付き合いは、

​​産まれた頃から19歳まで住んでいた東京

​​よりも宮古島での2年半の方がよっぽど

​​友達が出来たし、仲良くもなれた。
​​

​​

 

  • 山小屋での生活

 

f:id:gudosha:20200614174314j:image

 

​​その後宮古島を離れインドへ旅をしたり

​​しながら長野県でアルバイトをした。

​​確か7〜9月までの期間で八ヶ岳の最高峰

​​2899mの赤岳の頂上小屋で住み込みの

​​バイトをした。
​​

​​

​​宮古島での生活以来自然の中で生活する

​​ことが気楽に感じていたようだ。
​​

​​

​​別に登山に興味があった訳ではないが、

​​住み込みのバイトを探していたらネット

​​上にあげられていた圧倒的な雲海の

​​写真に魅せられて行くことにしたのだ。
​​

​​

​​この頃はまだ瞑想も行っておらず

​​妄想野郎であった。

​​頂上小屋での仕事は持て余している時間

​​の方が多かったから今思えば瞑想する

​​にはもってこいだったと思う。
​​

​​

​​インターネットも使ってなかったし、

​​スマホという時代でもないから本当に

​​大自然しかないないような環境で

​​あったが、退屈だとは思わなかった。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614192000j:image

 

 

​​2899mもある山の頂上は大体毎朝晴れて

​​いてご来光がみえるのだが、10時頃には

​​下界の湿気が上がってきてガスってしまう

​​(雲のこと) そうなると雲の真っ只中に

​​いるので景色は楽しめないのだ。
​​

​​

​​週に一回のお風呂からは雄大な山並みが

​​望め、山小屋暮らしで最高の贅沢な時間で

​​あった。
​​

​​

  • ​​京都…そして新潟へ

f:id:gudosha:20200614174739j:image

 

​​京都の自然も印象的だった。 

​​京都へは瞑想センターに行く事がきっかけで

​​訪れたのだが、京都の街は自然に囲まれた

​​盆地で街と山との距離が近い。

​​私が部屋を借りたアパートは幹線道路から

​​離れた静かな所で小高い山の裾野辺りで

​​山の空気が近く感じられた。
​​

​​

​​春になって近所の山に登ると京都の街は

​​桜の花でピンク一色に染まりとても綺麗

​​であった。
​​

​​

​​真冬には真っ白な山並みに囲まれて異次元

​​世界にいるかのようであった。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614191545j:image

 

​​

​​そして現在は標高1000m近くある新潟の

​​山奥に住んで一年が過ぎた。

​​自宅から最寄りのコンビニまでは車で

​​約30分かかり、シーズンにならないと

​​商店も開かないからなにもないに等しい。
​​

​​

​​しかしお寺から帰ってきてからは食欲など

​​があまりなくなったから特に困っても

​​いない。

​​窓の外から見える景色や毎日の小一時間の

​​散歩の時に大自然を満喫できることの方が

​​よっぽど嬉しい。
​​

​​

​​

​​唯一通年営業している「雪ささの湯」は

​​本当にありがたい。

​​しかも泉質が超濃厚で露天風呂もあって

​​最高に気持ちいいのだ。

​​寒い冬は温泉に限るし、この地は下界よりも

​​気温が低いので春から秋にかけても十分に

​​楽しめる。
​​

​​

​​

​​この地は山の真っ只中なので自転車で少し

​​行けば川がある。

​​川の水は夏場でも異常に冷たくて五分と

​​入っていられず、冷えた体には夏の暑さが

​​ありがたくすら思えるのだ。

​​自宅にクーラーはついてないが、暑く感じる

​​ようなことはない。
​​

​​​​

​​瞑想を始めてからというもの一つ一つの

​​選択には確かなこだわりを持ってきた。

​​アンテナの高い人や仕事に志のある人ならば

​​何事もピンからキリまである東京に住む

​​理由があるだろうが、私はそのどちらでも

​​なかった。
​​

 


f:id:gudosha:20200614175141j:image

 

​​

​​都会で得られる感動は探して初めてみつかる

​​もののほうが多かったが、自然の中に居ると

​​いつでもどこでも自然と感動出来るのだ。

​​自分以外のもので最も身近存在である

​​生活環境にこだわることは最重要テーマで

​​あった。
​​

​​

​​もう余程の事がない限り都会に住む事は

​​ないだろう。

​​街に車で降りるのも用事がある時くらい

​​なので月に数回程度である。

​​下界との温度差は4〜5度もあり、

車で​​上がってくると本当に心地よく感じる。
​​

​​

​​人の多い寺社仏閣よりも、

大自然の中の方が​​よほどパワースポット

な気がするのは​​決して気のせいではないと

思うである。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614175350j:image

​​

​​

​​