求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活

聖者なんぞに憧れて…大都会をドロップアウト。"悟り" を夢見る人に贈る、田舎暮らしの精進日記

お笑いさんに憧れて

​​​

f:id:gudosha:20200615114859j:image

 

  • 笑いのルーツ

​​

​​子供の頃に大爆笑した最も古い記憶は、

​​小学校低学年の頃に自宅で笑い転げた

​​ことである。
​​

 

​​夜に兄と姉と三人で

​​「とんねるずの皆さんのおかげです」

​​見ていてどツボに入ってしまい、

​​CM中もずっと一人腹を抱えて笑っていた。

​​「もう、うるさい!」と怒られながら、

​​炬燵に顔を突っ込んで一人突っ伏して

​​笑っていた。
​​

​​

​​昔から事あるごとに作家に憧れていた。

​​絵は苦手、音感はある方だが音楽を

​​やろうとはどうも思わない。

 

​​

​​20代の頃は寝る前に布団の中で

​​面白い事を考えるのが大好きだった。

​​“このシチュエーションではこうボケよう"

​​"田代まさしの仕込み芸はおもしろいな"

​​と毎晩考えては中々眠りにつけなかった。
​​

 

f:id:gudosha:20200615115219j:image

 

  • お笑いさんに憧れて

​​

​​車の工場に居て本格的に瞑想を始めた

​​12年前、毎晩2時間の瞑想と1〜2時間の

​​文章による創作活動は「いつか自分にしか

​​出来ない仕事に就きたい​❗​️」という

​​現実逃避的な動機からくるものであったが、

​​思えば現状に満足していない時はいつも

​​夢を追いかけて邁進する事に満足感を

​​感じていた。
​​

​​

​​当時は「スピリチュアルの側面」

​​「ユーモアの側面」というタイトルで二つの

​​全く異なる文章を書いていた。

​​「スピリチュアルな側面」はもう一つの

​​ブログ「求道者は黙して嘘をつく…」

​​書いているような内容であった。
​​

​​「ユーモアの側面」もそれなりに自信が

​​あり、東京に戻ってからは地元の友人に

​​挿絵を描いてもらいブログにあげていこう

​​かと画策したりしていた。
​​

​​

​​当時、作家や歌手やアーティストといった

​​類の人を幅広く発掘している六本木の

​​芸能事務所に腕試しがてらこの二つの文章を

​​持ち込んだことがある。
​​

​​

​​評判は意外にも上々で、

​​「スピリチュアルの側面」は楽曲の作詞

​​という事で持っていったのだが、

​​「内容が深すぎて曲がのせづらいんです。

​​もっと抽象的でないとダメですね。ただ、

​​意味は凄く深いですね」と評価され、

​​「ユーモアの側面」は特に気に入られ、

​​「そうですねぇ、じゃあとりあえず仮契約

​​してオーディションにでも

​​行ってみましょうか…」という事になった。
​​

 

f:id:gudosha:20200615115716j:image

 

 

​​しかし話しをよく聞いてみるとどうやら

​​お笑い芸人の方向で考えられていたようで

​​ドン引きしてしまった。

​​お笑い芸人になるつもりは毛頭なかった。
​​

​​

​​その頃は東京に戻ってきて一年少しが

​​経った頃で、当初から始めた

​​ハウスクリーニングの仕事は

​​アルバイトから完全歩合制の業務委託契約に

​​変わったとこだったので、借金を返して

​​お金を貯めるべく、とりあえずそちらの

​​仕事に尽力しようと思って作家の夢は

​​棚に上げておいた。
​​

​​

​​執着を捨てようと思いその頃書いた文章は

​​全て捨ててしまった。

​​しかし書いた内容は今でも大体覚えている。
​​

 

​​当時はA4のノートにボールペンで

​​書いていたから、何度も何度も読み返しては

​​書き足しては消してを繰り返してノート上は

​​ぐっちゃぐちゃで清書する時は苦労した事を

​​思い出す。
​​

​​

​​11年前からの最大関心事は "悟り意識" に成る

​​ことであるから、ドロップアウトしてからは

​​悟り意識までの道のりを伝えるべく求道作家 ​​

として生計を立てようと考えていて、

​​「求道者は黙して嘘をつく…では無心で

​​いることの効能や洞察を書き、この

​​「求道作家のこだわりオーガニック

​​ど田舎生活」では日々のライフスタイルを

​​面白おかしく書いていこうと思っていた。
​​

 

 

  • 面白いのが悔しくて

 

f:id:gudosha:20200615120956j:image

​​

​​お寺に修行に行く前に契約していた

amazonprimeビデオが一年契約​​だったらしく、

しばらくは観れるという​​ことで

「松本人志のドキュメンタル」

というお笑いドキュメンタリーを

​​最近観るようになった。
​​

​​

​​それを面白く観ている反面、悔しさのような

​​羨望のような感情があることに気づき、

​​「そう言えば昔ふざけた文章を書いてた

よなぁ…」とあの頃の事が懐かしく思えた。

 

​​誰もがユーモアを持っているだろうけど、

​​大人になって社会に出ると遠慮して

​​あまり人前で表現しなかったりする。
​​

 

​​私もそうだったのかもしれない。

​​お金ばかりを追いかけていた東京での10年間

​​は仕事付き合いの人に冗談を言うような人柄

​​ではなかった。
​​

 

​​そうか、そう言えばあの頃は

​​"仕事がひと段落したら又書き出そう" とそう

​​思ってたんだ。
​​

​​

​​まだ叶えてなかった夢があったことに

​​気づいて、「これからはあの頃みたいに

​​自由に表現していいんだ、​​バカな事も好きな事

も書いていいんだ」

​​とそう思うと嬉しくなった。
​​

​​

​​そう言えばスピリチュアリストでユーモアな

​​個性を表現してる人ってあまり聞いたこと

​​ないよなぁ…。
​​

​​

​​そう考えるととてつもなくやる気が

​​漲ってきたので、人に迷惑をかけず、

​​遠慮なくおバカなことも書いていこうと

​​思ったのである。
​​

​​

​​f:id:gudosha:20200615120531j:image