求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活

聖者なんぞに憧れて…大都会をドロップアウト。"悟り" を夢見る人に贈る、田舎暮らしの精進日記

瞑想から得た自由な生活


​​f:id:gudosha:20200614102510j:image

​​

  • 幼少期

 

​​かつての私は何一つとして物事が上手く

​​いかず、期待通りの結果を得ることは絶対

​​にできなかった。

​​それが今では願望してきた殆ど全ての物事

​​を手に入れられるようになった。
​​

​​

​​そんな私の挫折は産まれる前からすでに

​​決まっていたようなものであった。
​​

​​

​​姉と兄の末っ子となって産まれる事になった

​​私の妊娠中に母は煙草を吸っていたのだと

​​いう。

​​それが胎児に良い影響を与える筈がない。
​​

​​

​​小学校低学年の頃には両親は離婚し、

​​父親に引き取られ、放任主義の父の愛情は

​​毎週末の朝マックと大量の吉野家の牛丼に

​​よってたっぷりと注がれていた。
​​

​​

​​父親の愛情とは裏腹に、そういった食生活が

​​子供の成長と集中力に悪影響を与えると今で

​​こそ分かるが、子供心に週末のたのしみで

​​あった。

 

​​

​​野放しにされて育った子供ほど

"自由でモラル​​のない" ことはない。
​​

 

f:id:gudosha:20200614161859j:image

 

​​

​​小学校の頃の授業中の最も鮮明な思い出と

いえば、五分おきに時計を眺めては

「うぅ…まだ​​五分しか経ってない…」

というものである。
​​

​​

​​子供の頃は全く集中力がなかったから、

​​算数などは分数の時点で諦めていた。
​​

​​

​​運動は大好きで大得意でジッとしているのが

​​苦痛な子供だった。

​​性格も明るくてバカ丸出しだったから幸い

​​虐められるようなことはなかった。
​​

​​

​​身体は人一倍小さく、デベソで、小学校

​​低学年の頃はリトルリーグに入っていたから

​​母にスキンヘッドにされていた。

​​「坊主が嫌だ」と言おうものなら

怒鳴られる​​始末であった。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614162012j:image

 

 

​​子供の頃は人と違うことが嫌で嫌で仕方が

​​なかった。
​​

​​

​​そういった嫌悪感と乱れた食生活にあって、

​​全く興味も集中も出来ない授業中にする事と

​​いえばネガティブな妄想でしかなかった。
​​

​​

​​誰もがそうであるように、私も自分の頭の

​​中の世界にどっぷりと浸かって生きていた。
​​

​​

​​元来からして盲信的な性格なので、子供の頃

​​から何もかも人や社会の意見を鵜呑みにして

​​真似してきた。
​​

​​

​​良い事も多少は真似してきたとは思うが、

​​バカ丸出しで放任主義に育った集中力のない

​​偏食の子供なんてのは悪い事ばかりを真似

​​するに大体決まっている。
​​

​​

​​そんな子供がグレるのも時間の問題であり、

​​それは殆ど自然な成り行きであった。
​​

​​

  • 青春時代

 

f:id:gudosha:20200614162341j:image

​​自由であることとわがままなことを履き違え

​​ていた10代の頃は、入ったばかりの高校を

​​四カ月で中退し、その後アルバイトなどを

​​していたが、自分のアイデンティティなど

​​知る由もなかった。
​​

​​

​​20代の頃は旅人のように各地を転々として

​​人に迷惑ばかりかけ、迷惑をかけて逃げる

​​ようにしてその土地を後にするようなことも

​​度々あった。
​​

 

f:id:gudosha:20200614162540j:image

 

​​

​​そんな私は25歳の頃に住んでいた沖縄県の

​​宮古島で「仙人瞑想法」という道教の悟り

​​へのプロセスが書かれた古い本に出会って

​​衝撃を受けた。

 

仙人瞑想法

仙人瞑想法

 

 




​​

​​

​​その本の一ページ目を開いてみると冒頭には

​​「…まず目を閉じてみてほしい…そこは暗闇

​​ではないはずだ…道教の修行者達はそこを

​​入り口にして瞑想の深い世界に入っていく…」

​​​​とこう書かれていた。
​​

​​

​​私はそれまでにまぶたの裏に焦点を合わせた

​​ことなどなかったし、更に読み進んでいくと

​​何やらその修行法では身体の中心に7つある

​​チャクラに気を留めて3年間かけて練り上げ、

​​十分に気が熟したらある日頭頂から気を

​​ポンッ​❗​️と出してその気で自らの

​​コピーロボットを作り、気の行動範囲を徐々

​​に広げていくのだという。
​​

​​

​​フィクションにしてはリアルにすぎるその

​​言葉の羅列は、私の中に未知なるものへの

​​興味と、そのような修行者への憧れと、

​​ようやく心が震えるものに出逢えたという

​​感動を伴っていた。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614162948j:image

 

​​

​​しかし興味はあるが瞑想が出来るほどの

​​集中力はなく、その本を読み終えることすら

​​なかった。

​​私はそれまでに本を一冊読み切ったと言えば

​​漫画くらいのものであった。
​​

​​

​​それからというもの、自己啓発に興味がある

​​ことが分かり、右脳開発の権威「七田眞」氏

​​の右脳開発の本などにも感銘を受けて瞑想

​​への憧れはいよいよ強くなってきた。
​​

 

  • ヴィパッサナー瞑想

​​

f:id:gudosha:20200614163318j:image

 

​​その頃は沖縄に住んでいて、友人のお姉

​​ちゃんが以前京都にある

​​「ヴィパッサナー瞑想センター

​​という所で10日間のコースを体験し、 

​​帰ってきてから「はぁ〜、都会に戻って

くるとオーラが消えていくのが分かって

嫌やわぁ…」

​​と言っていたと言うのを聞き、しかも料金

​​は決まっておらずお布施だということにも

​​魅力を感じ「いつかそこに行ってみたい​‼️​」

​​と夢見るようになっていた。
​​

​​

​​念願叶って27歳の頃に京都のヴィパッサナ

​​ー瞑想センターに行く事ができた。
​​

​​

​​しかしそれは "夢のような10日間どころか

​​地獄のような10日間" であり、4日目にして

​​集中する事に疲れ、ついには瞑想に取り組む

​​ことも諦め、妄想にうつつを抜かしていた。
​​

​​​​

​​センターで瞑想に充てられる時間は

​​1日10時間半。

無言、携帯なし、本なし、

​​コミュニケーションなし、散歩以外の運動

​​なし、といった極端に何にもない生活で

​​ある。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614171032j:image

 

 

​​全く集中力がなかったから瞑想の良さなど

​​1mmも享受することができず、

​​「こんなとこ二度とくるか」とすら思って

​​いたが、コースが終わった瞬間から

​​なんとなく思っていた願望が4つも

​​立て続けに叶ったのである。
​​

​​

​​その四つとは、「フリマで服を買いたい

​​なぁ…」と思っていた所、センターに来て

​​いた若い男の子と仲良くなり、

​​音楽をやっているという彼は近々京都の

​​精華大学のオールナイトで行われる文化祭

​​でプレイするというので、行ってみると

​​フリマも開催されていたので服を調達

​​できたり、
​​

 

​​「京都に住みたいなぁ…」と思ったら、

​​その文化祭で知り合った女の子に寒かった

​​ので買った服を貸してあげた事がきっかけ

​​で、数日後から居候するようになったり、
​​

 

​​そのひと月後には数年前から行きたかった

​​ネパール旅行に友達が連れて行ってくれ

​​たり、
​​

 

​​「緑の折り畳みの安い自転車が欲しい

​​なぁ…」と思ったらまさにドンピシャの

​​自転車をみつけたり、
​​

 

​​その後安アパートを借りて京都の骨董屋を

​​毎日巡り歩くといったまさにトントン拍子

​​の夢のような生活が訪れたのである。
​​

​​

​​この事がきっかけで、「これは瞑想の効能

​​に違いない」と思うようになり、それから

​​というもの瞑想を本格的にするよう

​​になり、ヴィパッサナー瞑想センターへは

​​今日まで生徒として5回、奉仕として1回

​​参加している。
​​

​​

​​

  • どん底時代

​​

f:id:gudosha:20200614163801j:image

 

​​しかし、その良い流れも長続きはせず、

​​27歳の頃に調子に乗って事業を起こして

​​失敗し、そこからの5年間はどん底の生活

​​を送ることに…。
​​

​​

​​それからの五年間は様々な工場を転々とし

​​て過ごしていた。

​​その間はずっと心のどこかで「俺は本当は

​​こんなとこで働く人間じゃないんだ」

​​と思っていたから、友達も

​​出来なかったし、別に仲良くなりたいとも

​​思わなかった。
​​

​​

​​そんな工場での作業は単純作業の連続で

​​あり、しかしそれは瞑想意識を育むには

​​もってこいの環境であった。
​​

​​

​​工場での後半の2年間は毎夜19時〜21時

までの2時間を瞑想の時間にあて、

その頃の瞑想のテーマは

​​「どんなに痛くても足を崩さない」

​​というものであった。
​​

​​

​​その2年間の内に瞑想をしなかった日は

​​1日か2日くらいである。

​​毎日足の痛みに耐えられたかというとそう

​​でもなく、週に2〜3回はやりきれたくらい

​​のものである。
​​

 

f:id:gudosha:20200614164001j:image

​​

 

​​瞑想中の後半一時間は大体いつも苦痛で

​​ある…否、激痛である。
​​

​​

​​それにしても不思議に思うのは、毎晩あんな

​​に苦しい思いをしていたのに、19時になると

​​それまでしていた事をスパッと辞め、

​​嬉々として「よーし、今日こそは絶対動か

​​ない​❗​️今日こそは不動の集中力を​‼️​」

​​と意気込んで座りだすのである。
​​

​​

​​瞑想中に痛みが訪れたらその感覚を注視し、

​​「それについて頭の中で意見を言わない。

​​喋らない。無心でいる」ということを行い、

​​それはつまり「思考が感情を誘発して、

​​又その感情が思考を誘発する」という

​​スパイラルからの脱却であり、確かに集中

​​できている時はどんなに強い感覚があって

​​もそれはただの感覚であり、心が平静で

​​ある時、嫌悪はどこにもなかったのだ。
​​

​​

​​それから工場を後にして生まれ故郷の東京

​​へと舞い戻ってきた。

​​32歳、季節は丁度冬の終わりであった。
​​

​​

 

  • 東京での再スタート

 

f:id:gudosha:20200614165750j:image

 

​​しかし、状況は相変わらずどん底から少し

​​這い上がったくらいのもので、荷物と

​​いえば手に持てる鞄に入るくらいの

​​もので、借金は240万円もあり、

​​父親のアパートに転がり込むといった

​​塩梅であった。
​​

​​

​​それから東京でハウスクリーニングの

​​仕事に従事し、バイト先の会社の寮に

​​住みこみながら、一年後には社内独立制度

​​で歩合制になり、それから一年後にはその

​​会社からも独立した。
​​

​​

​​その後は順調に年を追う毎に会社は成長を

​​続け、アルバイトから始め、ドロップアウト

​​するまでの8年間で従業員は最大10名に

​​までなり、こだわりの事務所は古民家を

​​自らの手で改装し、調度品の多くは私の

​​骨董趣味を生かした物で埋め尽くされ、

​​誰もが感慨の声をあげるお洒落空間を演出

​​することができた。
​​

 

f:id:gudosha:20200614170004j:image

 

​​

​​その間仕事上の失敗も勿論沢山あったが、

​​その都度転機と捉えて改善する意識を

​​保って事に当たることが出来たのは、

​​"自覚意識" の介在による改善が捗ったから

​​だと思うのである。
​​

​​

​​くだんのヴィパッサナー瞑想にも数年

​​おきに訪れるようになっていたが、

​​仕事に尽力するあまり普段から瞑想する

​​事は殆どなかった。
​​

​​

​​しかし、工場での2年間の瞑想で 

​​"自覚意識を保つ"  コツを掴んでいたので、

​​起きている間中は常に無心でいる事を

​​心掛けていた。
​​

 

​​「求道者は黙して嘘をつく…」ブログより瞑想に関する記事⬇︎

​​「瞑想の実践法を紹介」…その6. 只管打坐 - ​​求道者は黙して嘘をつく​…
​​

​​

​​そしてそれは今でも継続している沈黙の

​​行であり、

そうする様になってから​​というもの願望は

ことごとく実現され、

​​今となっては東京での仕事をドロップ

​​アウトし、悟りを得るため、

そして​​その為の田舎での精進生活を

皆さんに伝え、

​​皆さんに人生が向上する為の情報を提供し、

​​皆さんの人生の一助となる為に "求道作家"

​​として活動するようになったのである。
​​

​​

​​幼少期、10代20代とあんなに愚かで何事も

​​中途半端だった私の人生がここまで好転する

​​とは本人が一番思っていなかった。
​​

​​

​​悟りとは何か。真の自由とは一体なん

​​なのか。

​​人生を賭して追及するにはあまりにも

​​浮世離れした雲を掴むようなそんな

​​夢物語を、大自然の中で真剣に探求

​​しようと試みる求道者のライフスタイル

​​を紹介していきます。
​​

​​

f:id:gudosha:20200614170400j:image​​

​​